起動するまでに二回押さなければならないが、ようやく考えていたものに近いものが見つかった。

そして同じブランドでさらに小さいものもあり、こちらも手配してみた。

どちらも幅が約20センチくらい。

う〜ん、微妙に使い心地が違う。


長方形のは、デフォルトで600Wで最大1KWで5段階の火力調整。

火力調整のボタンのマイナスを長押しして操作音を止めるモードもある。

正方形のはデフォルトで700Wで最大1KWで10段階の火力調整。

こちらは、使い終わっても電源コネクタを抜いてしまうまで一定間隔でアラートが繰り返されて、忘れた頃に「ピー」と鳴り出して鬱陶しい。

火力調整のマイナスボタンを長押しすると止められるが、コンセントを挿し直しするとまた長押しの設定をしなければならない。

長方形のはそれが無いのでいい感じ。


まぁ、解ってしまえば慣れの問題なのでそれほど気にするほどでもなくなった。