この鉄瓶、制作されてからどんな経緯か知らないけれど、はるばる徳島市に行って保管されていたのが何十年か後に盛岡に里帰りをしてきた。

岩鋳のショールームにあったもの

茶色の錆色の粉が付いている未使用品だが、本体下側にはがし残っていたラベルの雰囲気から、これも正圓堂の鉄瓶のように数十年経ったものじゃないのかな。

同じデザインで今でも岩鋳で販売されているのを確認できて、なんだか嬉しい。

この鉄瓶は、正圓堂の丸くてふっくらとした( 亀甲星霰地紋 ふとん型)優しい感じとは違ってちょっと無骨な感じ。

未使用の鉄瓶なので制作時の釜焼の後処理というか、新品使い始めの時の何度かお湯を沸かして捨てる作業をしなければならない。

あと数回沸かすと使えるようになるが、下のお湯は、3回沸かしたものでまだまだ。