.

もう一度昨年8月に入手した昭和25年(1950年)の「盛岡市街要圖」を見てみると住吉神社の前の通り付近だということがわかった。

しかし、この通りは新しい住宅地図で見ると現在の町名が、 道路の東側が住吉町、西側が志家町、ずっと北側が神明町となっている。

もうちょっと番地までわかる詳しい古地図があるといいのだが。

しかし、この辺りで今回の鉄瓶は作られたんだと思うと身近に感じることができちょっとうれしい。